血栓予防.comで強い血管をつくり、血液サラサラ健康生活を始めよう。

血栓症とは

血栓症とは

血栓症とは、主に血栓(血のかたまり)が血管を詰まらせたために起こる病態のことです。

血栓症を理解〜詰まる血管

血液は、血管内を体のすみからすみまで流れています。
そのことを血液循環と呼んだりしますが、血液の循環は心臓のポンプ作用によるものです。
一定のリズムで心臓は収縮を弛緩を繰り返し、血液は収縮により心臓から動脈に押し出され、
弛緩により静脈から心臓に戻ってきます。

心臓と血液


心臓のポンプ作用が止まると血液循環が途絶え、酸素や栄養素が供給できなくなり、全身の
組織は死を迎えることになります。
血管が完全あるいは不完全にでも詰まると、その場所から先の血液の循環は止まるか遅くなるか
して、必要な酸素や栄養素が十分に補給できなくなり、その組織は死か死に近い状態になります。
(壊死あるいは梗塞)
血管を詰まらせるのは、多くの場合、血液が凝固してできた血液のかたまりであり、血管を詰ま
らせた血液のかたまりを血栓と呼んでいます。
この、血栓ができたために起こる病態を血栓症と呼びます。


血栓症は、その血栓の起きた場所により症状が異なります。
血栓が脳の血管に起こると、脳血栓あるいは脳梗塞となり、体の麻痺、言語障害、意識障害
といった神経症状が現れます。
また、心臓弁膜症、心房細動などで血液が心臓の中の一部にとどまってしまうと、そこに血栓
ができます。(たとえば心房内血栓)
さらに動脈硬化によって細くなった頚部の動脈に、しばしば血栓ができます。
それらの血栓が血管壁から剥がれて血流に乗って脳に行き、脳血管を詰まらせると、脳血栓塞栓症
あるいは脳塞栓症と呼ばれる状態になります。


脳血栓にしろ脳塞栓にしろ、血栓が小さい場合、体の麻痺、言語障害、意識の低下などは短時間
(数時間以内か長くても1日以内)に消失して、もとの正常状態に戻ることがあります。
血栓が小さいうえに脆いので、時間とともに細かく崩壊したり、溶けたりして血流が再開する
からです。


心臓を養っている冠動脈が血栓で閉塞すると心筋梗塞になり、重症な場合は心停止という事態
に至ります。
一部の狭心症も冠動脈の血栓による不完全閉塞で説明されます。
下肢の深部静脈には血栓が起きやすいのですが、この静脈血栓が剥がれて血流に乗って肺に至り
肺血管を詰まらせ(肺血栓塞栓症)肺梗塞を起こすことがあります。
心筋梗塞にしろ肺梗塞にしろ、突然死の原因であることが多く、稀ではありますが、腸間膜の
動静脈に血栓ができ、激しい腹痛や血便を呈することもあります。

血栓が血管内で詰まると正に大惨事となります。
「できてから治す」より「できないように予防する」ことが大切です。
では、血栓を予防するためには、どうしたらいいのでしょうか?

血栓の基礎知識続き


画像の説明