血栓予防.comで強い血管をつくり、血液サラサラ健康生活を始めよう。

血栓の基礎知識

血栓の基礎知識

血栓の基礎知識に関連するエントリーです。

血栓とは

心筋梗塞や脳梗塞などで血栓が正しく理解されず、悪者扱いされていることがありますが、実は、この「血栓」は人間になくてはならない存在です。たとえば、皮膚を切ってしまったときに、血が出ます。このとき、その傷を治そうとその場所に血小板が集まり...続きを読む

血栓症とは

血液は、血管内を体のすみからすみまで流れています。そのことを血液循環と呼んだりしますが、血液の循環は心臓のポンプ作用によるものです。一定のリズムで心臓は収縮を弛緩を繰り返し、血液は収縮により心臓から動脈に押し出され、弛緩により静脈から...続きを読む

血栓予防とは

血栓予防とは、読んで字のごとく「血栓による病気などを事前に予防する」ことです。医学は、大きく2つに分かれます。西洋医学と東洋医学です。検査結果に異常が現れない限り、治療できない(またはしない)西洋医学と比べ、東洋医学にはいわゆる「異常...続きを読む

血栓と血圧の関わり

血栓と血圧には深い関係にあります。ここでは、ざっくりと血圧・血栓・血管についてご説明します。血圧とは、心臓から送り出される血液が血管(動脈)にかける圧力のことです。心臓が収縮して、動脈に送り出すときの圧力が最大血圧(上の血圧)。心臓が...続きを読む

血栓ができやすい人

血圧や血液中の成分が正常値を超えると危険です。血栓ができやすい人の血液は、中性脂肪やコレステロール、糖分などが過剰に含まれて、いわゆる「ドロドロ血液」になっています。また、血管に負担をかける高血圧も血栓をできやすくさせる大きな要因です...続きを読む

血栓症の歴史

2500年以上前に、中国の黄帝は次のように書いています。手の血管の中で凝固すると、血液は有効に循環しなくなる。足の中で血液が凝固すると、疼痛と悪寒をもたらす。これはまさしく現代でいう血栓症のことですね。西欧では、紀元前4世期にギリシャのディオ...続きを読む


画像の説明