血栓予防.comで強い血管をつくり、血液サラサラ健康生活を始めよう。

抗血栓薬とは

抗血栓薬とは

血管壁の内側が傷つくと、血小板がそこに集まって固まり、血栓をつくります。
抗血小板薬は、この血小板の働きを抑える薬です。
抗血小板薬には、基本的な薬である「アスピリン」のほか、より作用が強力な「チクロピジン」
や「クロピドグレル」、末梢血管の拡張作用も併せもつ「シロスタゾール」、脂質異常症の薬
でもある「EPA」などの種類があります。
カテーテル治療でステント留置をした人は、しばらくの間、2種類の抗血小板薬を飲まなければ
なりません。
▶副作用・注意点:出血しやすく、また出血すると血が止まりにくくなります。

抗血栓薬とは

血栓予防薬の注意点
■ワルファリンを使っている人は、ビタミンKを多量に含む納豆、クロレラ、青汁、モロヘイヤ
 はとらない。
■ほかの病気で薬を併用するとき、併用をやめるときは、必ず医師に伝える。
■手術や出血を伴う処置を受けるときは、あらかじめ相談する。(抜歯などでは通常、服薬を
 継続する)
■自己判断で急に服薬をやめない。
■出血の兆候に注意する。(「便が黒っぽい」「血液検査で貧血が現れた」など)
■転倒を防ぐ。

凝固因子を抑えて血液を固まりにくくする抗凝固薬

抗凝固薬は、凝固因子の働きを抑えて血液を固まりにくくする薬です。
「ワルファリン」は、凝固因子の生成に関わっているビタミンKの働きを妨げることで、
凝固因子がつくられることを抑えます。
心房細動がある人の脳梗塞の予防をはじめ、血栓塞栓症の治療と再発予防に広く用いられています。
心臓弁膜症で弁置換術を受け、機械弁を入れた人にも欠かせない薬です。


最近使われるようになった「ダビガトラン」は、心房細動がある人の脳梗塞予防に用いられる薬
で、凝固因子の1つであるトロンビンの働きだけを抑えて効果を発揮します。
同じく、最近登場した「エドキサバン」は脚の整形外科手術後の「静脈血栓塞栓症」を予防
するために用いられます。
▶副作用・注意点
出血しやすく、止血しにくくなります。
ワルファリンは、食品やほかの薬の影響で効果が変動しやすいため、ビタミンKを多く含む食品
(納豆など)を避け、血液検査で血液の固まりにくさをチェックしながら使います。
ダビガトランは腎機能が低下していると、薬の血中濃度が上がり、出血のリスクが高くなります。


画像の説明