血栓予防.comで強い血管をつくり、血液サラサラ健康生活を始めよう。

FrontPage

血栓予防.comから

当サイトでは、誰でも気軽に血栓予防をコンセプトとし、さまざまな血栓予防をご紹介いたします。

日本人の3人に1人が血栓などの原因による血管病で亡くなっています

近年、ガンで亡くなる日本人が多くなっているのはご存知だと思います。しかし、血栓などの原因による、いわゆる血管病で亡くなる人も、それと同じくらいの数になることをご存知でしょうか?

「日本人の死因 厚生労働省『人口動態統計』2010年推計値」によると、日本人の死因(1年間の原因別死亡者数)として多いのは、1位がガンで35万2000人(全体の約29%)2位が心疾患、つまり心筋梗塞などで18万9000人(約16%)3位が脳血管疾患(脳卒中)などで12万3000人(約10%)となっています。

心疾患と脳血管疾患を足すと、全体の30%弱となり、ガンと肩を並べます。日本人の3人に1人が血管病で亡くなり、3人に2人が血管病かガンで亡くなっているということになります。

脳卒中や心筋梗塞は、特別な人がかかる病気ではなく、身近に潜む怖い大病であることが分かっていただけるでしょう。そして、血管を語るうえで「血栓」を無視することはできません。血栓を考えることこそが、血管を考えることにつながり、ひいてはそれが健康や長生きにつながっていきます。

あなたの健康を願っている人は、きっとあなた以外にもいます。自分自身のためであるということはもとより、家族や大切な人のためにも健康的な生活を送りましょう。


健康と家族

あなたに合った血栓予防を!

生活環境は人それぞれ異なります。また、それぞれのペースというものがあります。「よーし、明日から◯◯を1時間やるぞ!」と意気込むのもいいのですが、これまでを思い返して、そう思って今も継続しているものがどのくらいあるでしょうか?

何事も焦らず、ゆっくり、自分のペースで、継続することが大切です。「チリも積もれば・・・」というように少しの変化を継続すると大きな成果を得られるように血栓予防.comでは、忙しいあなたでも継続・実践可能な血栓予防法をご紹介します。

是非、当サイトで自分に合った血栓予防法を見つけて下さい!
さぁ、あなたも今日から血液サラサラ健康生活!


血栓の正体は、ずばり「フィブリン」+「血小板」です。心筋梗塞や脳梗塞などで血栓が正しく理解されず、悪者扱いされていることがありますが、実は、この「血栓」は人間になくてはならない存在です。

たとえば、皮膚を切ってしまったときに、血が出ます。このとき、その傷を治そうとその場所に血小板が集まり、「血のかたまり」をつくります。

さらにフィブリンが集まって、より強固な網状の組織を形成し、損傷した部分が完治するまで保護する働きのある丈夫な血栓(けっせん)を作ります。この働きによって、大量の血を流さないで済みます。

「へぇ~じゃあ、血栓は私たちの味方なのね」

はい、基本的にはそうなのですが...続きはコチラ

血栓の仕組み

新着情報 What's New

代謝水で脳血栓を防ぐ!〜朝起きたときの血液はドロドロを追加しました
なぜ「ヨガ」は健康に良いといえるのかを追加しました
ジョギングよりウォーキングのほうが健康効果は断然高い!を追加しました
狭心症と心筋梗塞あるいは血栓の話を追加しました

                                   

過去の一覧

よく読まれている記事

血栓を予防する運動法
血栓ができやすい人の血液は、血液中のコレステロールや中性脂肪、糖質などが多すぎる状態であること、そしてこのような不健全な血液になってしまう一番の原因は、悪しき生活習慣です。生活が便利になり、私たちは体を動かすことが...続きを読む

血栓とは
血栓の正体は、ずばり「フィブリン」+「血小板」です。心筋梗塞や脳梗塞などで血栓が正しく理解されず、悪者扱いされていることがありますが、実は、この「血栓」は人間になくてはならない存在です。たとえば、皮膚を切って...続きを読む

ジョギングよりウォーキングのほうが健康効果は断然高い!
血栓をはじめ、あらゆる血管病予防に有効なアプローチは、いわゆる「血液サラサラ」状態を維持することです。そこで、ウォーキングのご提案です!健康を維持するために「適度な運動」が必要なことは多くの人がご存知だと思い...続きを読む



画像の説明